近年、本当に大雨による災害が続いてますね。今日も九州では大変な被害がでてしまいました。広島も昨年甚大な被害に見舞われまだその傷跡があちこちに残っています。幸い私はそのような被害にあうことがありませんでした。行政ではこのような被害を極力出さないように警戒レベルという制度を採用するようになりました。その警戒レベルに基づいて行動するという人ももちろんいるかと思いますが直ちに命を守る行動を!とニュースで仕切りに言われても僕は避難しない気がします。冗談で言ってるわけじゃなくて基本的に人間は大丈夫な状況だと思いたいんだと思うんです。避難してなんともなければ避難して損したと思う人もいると思うんです。そんなことが続けばその警戒レベルという制度自体の信用がなくなり警戒レベル5です!と言ってもどうせ大丈夫でしょ。いっつも大丈夫じゃんとなると思います。

やっぱり自分の命を守るためにはその人本人が危機意識を持つことが大切だと思います。もし地震が起きたとして大きな地震か小さな地震か一瞬でも様子を見ると思います。だって極力、避難したくないから。大雨で川が溢れそうでも溢れるまで人は多くの人は避難しないと思います。大きな被害が出るまで僕達は気づきません。だから僕はそういう制度は逆にしない方がいいんじゃないかと思います。そう言った制度より隣の人に避難した方がいいよと言われた方がすぐにでも僕は避難すると思います。これ以上被害が出ないことを祈ります。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

たくさんの人を一気に動かすのは難しい。近しい人たちだけを動かすことが大きな被害を防ぐのじゃないかなと。

明日もまたね。

​-農場のことなどを綴った日誌-

製品を

見る

Copyright 四ツ葉農場/Farm Yotsuba All rights reserved