地鶏ってみなさん知ってますでしょうか。名古屋コーチンは言わずと知れた超有名地鶏ですね。地鶏っていうのは地鶏の鶏肉として販売する場合の定義がちゃんと書いてあって血統の50%以上が固有在来種の血統で75日間以上平飼いで飼育した鶏のことを地鶏といいます。前までは80日以上ってなってたんですがいつの間にか短くなってました。ある程度までは鶏は長い期間飼育した方が味も食感も良くなると言われています。一般的にだいたい150日までくらいが美味しい期間と言われています。120日でだいたい人間でいうと20歳くらいです。一般的に販売されている若鶏=ブロイラーは50日くらいで出荷されます。これはだいたい人間でいうと10歳くらいです。若鶏=ブロイラーは抗生剤と飼料を出荷の約一週間前まで与えて一気に大きくならせます。10歳にして17歳くらいの大きさにまで育て上げます。これは技術的にすごいことですがこれは大きな養鶏農場さんがやる仕事です。大量に短期間で出荷できるのでブロイラーはあそこまで価格を抑えられています。僕たちはそれとは真逆の飼育をしています。とにかく少羽数でしかも100日以上の長い期間飼育します。2倍以上の期間ですね。こうすることで肉は超ジューシーになります。胸肉は一般的にパサつくのでいかにパサつかせないかというレシピをよく見かけますがうちの胸肉はそれがありません。モモ肉はカレーの中に入れても存在感がすごくあって味が濃いです。みなさんの年末の食卓をより贅沢にできるよう現在、絶賛飼育中です。クリスマスの丸鶏や骨つきモモ肉、今年もご用意する予定ですのでもうしばらくお待ちください。今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。明日もまたね。

明日もまたね。

​-農場のことなどを綴った日誌-

製品を

見る

Copyright 四ツ葉農場/Farm Yotsuba All rights reserved