毎日、農場のとなりにある真倉農園さんから収穫時期が過ぎたものや形の整っていない、アウトレット野菜をもらって鶏にあげています。直接畑でアウトレット野菜を取らせてもらうこともあるんですが決まった場所にそれを置いておいてもらってます。なので毎日、そこの前を通って、置いてあったらそれをもらいます。この時に真倉農園のおかあさんがいるとたまに人間が食べる野菜もくれます。僕はひっそりそれを楽しみにしています。採れたての野菜は美味しいし自分が食べたいと思う野菜を育てられているので安全で安心です。そこも大切ですがそれ以上にいつもすごく素敵な笑顔で「これ食べんさい!形悪い分じゃけど味は最高よ!」と言って渡してくれるのでこの時点でこの野菜はかなり美味しくなっています。道の駅にも野菜を置かれていて、僕の奥さんは特にトマトは絶対、真倉農園さんのトマトを買っています。安全だし安心だしなにより美味し真倉農園のみんなの顔がトマトを見ただけで思い浮かびます。それは完全な旨味要素です。

こんな野菜を鶏たちも毎日食べています。例のごとく全員が全員で「私の」感を満載にかぶりついています。みんな全力でこの野菜を食べて次の日にはそれが卵になっています。四ツ葉農場の半分はこの真倉農園野菜でできていると言っても過言でもはありません。もう、夏野菜がほとんど終わってトマトのシーズンは終わりなのが寂しいですね。今日の夜はもう肌寒いです。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。気候がいいとどこへ行こうかなという気になりますが天気が気になりますね。

明日もまたね。

​-農場のことなどを綴った日誌-

製品を

見る

Copyright 四ツ葉農場/Farm Yotsuba All rights reserved