うちの番犬のバン君とヤギのメェ太郎には雨が降ると自分たちの小屋があるのに、わざわざ2頭並んで鶏舎のほんのちょっとしかない軒先で雨宿りをしてます。農場に行ってみると毎回困った顔でこっちを見てきます。君たちにはちゃんと小屋があるんだよと毎回教えてあげますが未だ覚えてくれません。天気が悪い日が続くなぁと思ったたら、またまた台風がやって来そうですね。今回のコースはちょっと心配なコースです。みなさんも最近お気づきかと思いますが台風って名前ついてますよね。アメリカではハリケーン何号とかじゃなくてジョージとかカトリーナとか人の名前がついていますが、いつから台風にも名前がつくようになったんでしょうか。調べてみると最近かと思いきや2000年かららしいです。僕が知ったのは5年?前とか?正確にはわかりませんが最近だと思ってました。しかも、毎回名前をつけているのかと思っていたら、すでに140個の名前が決まってて台風が発生するたびに順番につけていってるんだそう。140個もあるから毎回新鮮ぽくいけるけど、約5年で1周してるから3回くらいは同じ名前が付けられてるんですって。しかも名前が僕ら日本人には全く馴染みのない単語ばかりなので、いつどれを聞いてもはじめまして感ががあるものばかりです。気象庁のホームページにそのことが詳しく書いてあったから見てみると、実は日本語もあることが判明しました。意外。毎回、発音しにくそうな単語ばかりだと思っていたら日本語も実はあるんですね。直近では19号がヤギらしい。

どうして140個もつけようと思ったんだろうか。台風委員会てところがあってそこの人が台風に名前をつけようぜって言い出したんだけどその台風委員会はアジアの14カ国が所属してます。たぶんみんなで10個ずつつけようぜってなってんだろうけど、こういうところで平等を持ってくるのはなんか面白いですね。今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。文章の終わり方は難しいですね。明日もまたね。

明日もまたね。

​-農場のことなどを綴った日誌-

製品を

見る

Copyright 四ツ葉農場/Farm Yotsuba All rights reserved