昨日、今日と久しぶりに北広島町を飛び出して兵庫県へ。300キロ往復は僕にとってかなりヘビーで腰の左側の骨の少し上あたりに鈍痛が。。。先日、僕の子供が誕生100日を迎えました。100日頃になるとお食い初めという儀式をするらしく儀式ファンの僕にとってはかなり気になる儀式なので自宅に両家両親を招いて執り行うことにしました。そもそもどんな感じの行事なのか見当がつきません。色々と想像を膨らませて子供の眉毛をマロにしたほうがいいのか。分厚い座布団の上に座らせたほうがいいのか。センスは必要なのか、お食い初めの会場はドレスコードで行く方がいいいのかはたまた今っぽくカジュアルでもいいのかなどなど一通りの妄想を膨らませて嫁さんに僕の頭の中のことを全て話したら何一つ採用されずすごくすごくいい雰囲気でお食い初めの儀を終えることができました。

 お食い初めの最初って何年くらい前から行われていたんでしょうか。イメージでは鎌倉くらいからやってそうじゃないですか?幕府のお偉い方の息子がすごい豪華な器に乗った料理を目の前に食べるふりをさせて石を歯に当てて。。みたいな映像が僕の頭の中には浮かんでいます。そもそもなんでこうやってお祝いするんだろうと考えてみると昔は赤ちゃんの生存率が低かったそうです。だから100日生きるということが今以上に喜ばしいことだったんですよ。きっと。日本だけじゃなく中国や欧米などでも似たような行事をやっていたと誰かが言っていました。どこの国でも子は宝ですね。自分のポジションどりに必死な大人社会の犠牲にならずスクスクと自分を持って大きく成長して欲しいです。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

明日もまたね。

​-農場のことなどを綴った日誌-

製品を

見る

Copyright 四ツ葉農場/Farm Yotsuba All rights reserved