農場は山の中にあるので番犬が一匹います。

養鶏を始めるにあたって僕が一番に必要と考えたのが

番犬です。

鶏舎でも鶏でもなくなぜか番犬が必要だと思いました。

小さい頃から犬を飼いたいかったのですが

「4本足の動物はダメ」というルールがあったので

犬と触れ合うのはおばあちゃんの家にいる紀州犬の「むさし」

と戯れる時だけでした。

犬を小さい頃から飼いたかったから

番犬がほしかったんでしょうかね。

番犬というよりただ犬が欲しかった ともいえます。

それもコーギーがとても好きでした。

犬を購入するということにはなんだか抵抗があったので

里親募集などで犬を探していました。

色々と探していた頃、淡路島の先輩養鶏家の清水さんのブログに

里親募集という記事を見つけました。

写真を見るとまるっきりコーギーなんです。

すぐに電話をしました。

 まだ里親が見つかってなかったのでスムーズに話が進み一ヶ月後

新幹線に乗って電車に乗り継ぎ駅からバスに乗って淡路島へ行きました。

待ち合わせのパーキングエリアで待っていると清水さんの軽トラが来ました。

久しぶりに会ったので少し話をしてケージに入っていた犬を取り出してもらいました。

この時がバンとの初対面の時です。夢にまでみたコーギーそっくりの犬です。

と思っていたのですが実物はちょっと違っていました。

期待していた外見とはとても遠かったですがそれでもバンはかわいかったです。

写真を見ていただければわかると思いますが

このような犬の写真は僕はまだ見たことがありません(笑)

知り合いから何犬なの?と聞かれると雑種と言わず当時は3D犬と呼んでいました。

バンという名前は番犬だからという理由でバンです。最初から決めていました。

捨て犬だったため誕生日は不明ですがもうすぐ5歳です。

僕より鶏と長い時間一緒にいて毎日、獣から守ってくれて頼りになる

四ツ葉農場のセキュリティー犬です。

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

また、気が向いた時にバンが登場してくると思いますのでその時まで!






明日もまたね。

​-農場のことなどを綴った日誌-

製品を

見る

Copyright 四ツ葉農場/Farm Yotsuba All rights reserved