だいたいいつも仕事を終えてからタブレットに向かってこの日誌を書いているのですが今日はバタバタで気づいたら日を跨いじゃってた。今日は、お昼から年に一回の家畜保健所の立ち入り検査の日。何かあったわけじゃなくて毎年このくらいの時期にヒアリングや農場の衛生管理体制のチェックなどなど。結果からいうと検査にひっかかる項目はなく今年も四ツ葉農場は家畜保健所的にいい農場という認定を受けたので一安心。広島県ではまだ発症例はないけどこれから渡り鳥の飛来する季節で、それと一緒に鳥インフルエンザもやって来る。消費者には身体への影響はまず考えられないけど、もし万が一家畜が鳥インフルエンザにかかるとその敷地内の鶏が全て埋却処分される。これは僕たちにとっては想像するに耐えられないことで、そういった病気にかからないためにも毎年、家畜保健所の人が色々と指導をしてくれる。農場見学希望の方から連絡をたまにもらうけど鶏舎内の立ち入りは基本的にお断りしてる。感染源の想定はある程度できてるみたいだけどまだ断定ができてないから外部からのリスクは極力避けたいという思いから丁重にお断りしてる。鶏あっての僕たちだからねぇ。ちなみに人間に感染したという報道があったけどあれは家の中で放し飼いにしてて寝るところが鶏と一緒のような暮らしをしている人が感染したらしいよ。日本でそんな暮らしをしている人はほとんどいないだろうね。今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。また今日?の夜にこうしんするからその時までまたね。

明日もまたね。

​-農場のことなどを綴った日誌-

製品を

見る

Copyright 四ツ葉農場/Farm Yotsuba All rights reserved