今日は、みんなが勘違いしてることにしてることについて書きたいと思う。この間も、お客さんから「鶏には抗生物質を与えてないの?」と聞かれた。もう何十回も聞かれてることなんだけど日本に流通している卵で抗生物質を与えられている鶏が生んだ卵はないんだよ。そんな卵を販売していると犯罪になっちゃう。育雛農場などでは卵を産むまでの生育段階では抗生物質は与えているんだけど産卵中に与えることは犯罪でそれをやってる農場は日本にはないから抗生物質を与えてるかという心配はしなくてもいい心配なんだよ。養鶏のイメージが薬漬けのイメージなのはたぶんブロイラーのことがあるからだと思う。出荷の一週間前まで抗生物質を与え続けるんだ。なんでこんなことをするのかというと抗生物質を与えることで体内を無菌状態にさせる。余計な菌がいないから食べた栄養をほぼ100%体内に吸収させることができるでしょ?だから短期的に体を大きくできるんだ。つまり早いサイクルで出荷できるんだよ。だからブロイラーは安い。ちなみに若鶏って書いてるやつも基本的にはブロイラーだからね。食べ物って知れば知るほどちょっと嫌になっちゃうのが少し悲しいところ。けど、言わないと知ることができない。食材って栄養面のことを気にしがちだけどこんなに飽食の時代で栄養不足なんてありえない。サプリメントを売ろうと思って現代人はこれこれが不足しているなんて言ってるけど昔の食べ物がない時代からすれば今なんて完全に栄養過多。みんな栄養行き届いてるから。けど、なぜだか心配して栄養不足とか言ってるのが不思議で仕方ない。病気などでサプリメントを摂取するように医者から言われてる人を除いて、サプリメントで栄養を補おうって何故だか僕にはさっぱりわからない。話が逸れちゃったけど抗生物質が入った卵はないよ!安心してください。それよりも窓もないような部屋の中でさらに狭い檻の中で何十万羽も飼育している鶏の卵を食べてるってことを心配したほうがいいと思う。今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。本当のことって何故だから伝わりづらい。

明日もまたね。

​-農場のことなどを綴った日誌-

製品を

見る

Copyright 四ツ葉農場/Farm Yotsuba All rights reserved