鶏ってどこかほのぼのしたイメージがあるかと思うんですが実際に鶏を飼育しているとそんなことは全然なくて、鶏舎内に入るとキリッとした空気になるんです。生命力というんでしょうか。ちょっと油断すると圧倒されそうな、そんな空気を持っています。(実際ボーッとして入ると雄鶏にスネを蹴られます。これがかなり痛い…)なので僕も鶏舎内に入るときは気を引き締めて鶏たちに負けないような気持ちで鶏舎の中に入ります。見えないものは胡散臭く聞こえるんですが鶏のこの圧倒されるような生命力って卵やお肉にもそれがあると思うんです。言葉では説明できないけどそれと向き合うと何か感じてもらえるのではないでしょうか。明日も鶏たちと一生懸命向き合います。地鶏ももう随分と大きいです。12月3か4日に解体後以降順次発送させていただきますのでもうしばらくお待ちください。美味しいだけじゃない何かも感じてもらえると育ててよかったなぁと思います。今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。明日もまたね。

明日もまたね。

​-農場のことなどを綴った日誌-

製品を

見る

Copyright 四ツ葉農場/Farm Yotsuba All rights reserved